【2015年】『KANO 1931 海の向こうの甲子園』感想、ネタバレあり。日本人が知るべき驚愕の真実がここにある。

『KANO 1931 海の向こうの甲子園』あらすじと概要。

この映画は1931年に台湾であった実話をモチーフに作られています。

台湾が日本に統治されていた時代、台湾人は皆、日本人でした。劇中では日本語、台湾語、原住民語で構成されており、日本人俳優もたくさん出演しています。

台湾のライフラインが整っていない時代の物語であり、台湾当局土木課の技手として働いていた八田與一(演:大沢たかお)は日々、台湾の農業を助けようと研究を進めていた。また会計士として働いていた近藤兵太郎(演:永瀬正敏)は、嘉義農林高校から野球部の監督依頼を受けていたが気乗りしない毎日を送ってもいた。

しかし台湾の高校生の身体能力の高さを目の当たりにした近藤は野球部の人数を募り、甲子園へいくための訓練を始める。そして八田與一はダムを作ることに成功し、近藤兵太郎は嘉義農林高校野球部を甲子園に出場させ、準優勝という快挙を収めることができた。

日本統治時代の台湾で人々の汗や涙を肌で感じることのできる感動物語である。

映画のネタバレと感想

最初に思ったのは、八田與一の物語なのか、と思って見ていたら八田與一の出演シーンはあまり多くはなく、近藤兵太郎の苦悩と野球部を甲子園に出場させるというストーリーがメインになっていて、実際、現在の日本人が知らなかったことがたくさん描かれています。
映画の中に古き良き日本の風景を見ることができ、なぜか懐かしいものがこみ上げてきます。

上映時間は3時間5分と、長い。甲子園の試合シーンに時間を割いていますが、観賞後、そんなに長かったと感じさせません。ノスタルジックな感情がこのまま続けばいいのにと思うほどもう一度観たくなる作品です。

傑作映画ではないのですが、不思議とまた観たくなってしまいます。そんな不思議な世界観を持った映画です。結果、私は無料配信も含めて3回も観賞してしまいました。また実際に甲子園出場後、早稲田大学に入った呉投手など、実在の人物が何人もいます。
知らなかった事実だけに観て良かったと思っています。


出典

Amazonプライム『KANO 1931 海の向こうの甲子園』無料

ストーリーやテーマについて

テーマは「日本と台湾の歴史的関係が良好であったこと」に尽きることでしょう。八田與一などは水捌けの悪かった台湾にダムを作り、現地の生活を一変させます。木桶で水を運びながらバナナを作っていた畑に用水路が出来たのですから、農業は更なる発展をしていきます。

近藤兵太郎が野球部の子供達を甲子園に出場させるのですからスポ根そのものですね。
かといって近藤監督が厳しすぎるわけでもなく、家に戻れば家庭を大切にする昔の良い父親であり、球児たちにも思いやりを持って接している。
要するに現代日本に問いかける古き良き日本における人間関係のあり方を問うているような気がします。

演出や脚本について

オススメ度★★★★⭐︎ ★4.5です。

この映画は『セデックバレ』という久しぶりに大ヒットを飛ばした台湾映画のスタッフが大半を占めています。

監督/馬志翔 脚本/陳嘉蔚 魏徳聖 馬志翔 音楽/佐藤直樹 撮影/秦鼎昌

が、主なスタッフであり、セデックバレと同じように壮大でスケールの大きい撮影となっています。甲子園での試合シーンは圧巻でした。
心に残った台詞は、冒頭の「嘉義に着いたら起こしてくれ」これに尽きます。

 

キャラクターやキャストについて

誰一人ミスキャストだと思った俳優はいません。高校球児たちのキャストも全員野球のできる子を選んだのでしょうね。呉投手の役などはドンピシャでうまく行っていると思います。
個人的には、甲子園の実況をしている方がとてもうまくKANOの世界に馴染んでいたと思います。


『KANO 海の向こうの甲子園』感想まとめ

『セデックバレ』のスタッフが作ったと言われるKANOですが、私は本家のセデックバレよりもこちらの映画の方が心を動かされました。
知らなかった日本の歴史、台湾の歴史、そして甲子園。この事実をもっと我々日本人は語り継いだ方が良いのではないかと思います。

この映画に感動した私は台湾まで行ってロケ地を巡りました。
ロケセットも全てではありませんが残されており、ノスタルジックな気持ちになったものです。八田與一と台湾の関係があったからこそ、台湾は親日と言われる所以でしょう。

その事実を子々孫々に語り継いでいきたいと思いました。

Amazonプライム『KANO 1931 海の向こうの甲子園』無料


コメント

タイトルとURLをコピーしました